幼児教育での「五領域

前回は、保育園で伸ばすべき「五領域」の内容を確認してきました。

たくさん内容があり、これを全部教えるのはとても大変!と思った保育士さんもいらっしゃいますよね。

でも安心してください!五領域がバランスよく身につけられる「遊び」があるんです。

幼児教育での「五領域

幼児教育での「五領域

「ごっこ遊びが、この五領域を網羅できる!

五領域を取り入れることは、日々の保育のなかでも可能です。なかでも、五領域をバランスよく伸ばし、子どもたちも楽しみながら体感できる「ごっこ遊び」は、とくにオススメです。

スーパーや警察など、いろいろなバリエーション!

保育士のアイデア次第で、ごっこ遊びのバリエーションは無限にあります。同じごっこ遊びであっても、子どもたちの役割を変えて遊ぶだけでも、視点が変わるために飽きることなく楽しめるのではないでしょうか。

たとえば、スーパーごっこをするのであれば、実勢に以下のポイントをおさえましょう。

▲健康:スーパーの開店時間を意識したうえで準備する
「お店がひらく時間に合わせるには、どれくらい前から準備したほうがいいのかなあ?」などの声掛けをしてみましょう。

▲人間関係:スーパーごっこをみんな一緒に楽しむ
「みんなで仲良くスーパーごっこしようね!」と声をかけたり、外で見ている子どもを誘って入れてあげるようにしましょう。
人数によっては、役割を決めるなどをして「みんなで運営する」ことを意識させてあげてもよさそうです。

▲環境:スーパーには何が並んでいるのかをイメージして、商品をつくる
「みんなが普段いくスーパーにはどんなものがあるのかな?」「どんなものがあればお客さんが喜ぶかな?」と想像させてあげましょう。
子どもたちが普段家庭でスーパーにいくときの様子を思い浮かべながら、適切なものを考えられるようにするのがベストです。

▲言葉:お客さんが買ってくれるためには、どういう風に伝えればいいかを考える
「じゃあ、先生がお客さんやります!なにを買おうかな~?」「おすすめを教えて下さい!」など、子どもが考えて売り込みをするように仕向けましょう。
子どもが考えた売り文句に対しては「え~でも高いからいやだな~」などフィードバックやさらに工夫できる声掛けを行いましょう。

▲表現:商品の並べ方を考えたり、スーパーの看板をつくったりする
「もっとお客さんをあつめるにはどうしたらいいかな?」「どんな看板があればお客さんは行きたいと思うかな?」など、子どものアイディアを引き出すようにする。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

つくりたい「子どもたちの成長の基盤」のために

保 育園での生活や友達と遊ぶことのなかから、保育園に通う子どもたちは生きていくための基盤を学んだり、吸収したりしていきます。保育士は、子どもたちをサ ポートする役割を担い、バランスよく五領域を身につけてもらえるように、あらゆる視点から子どもたち自身の学びを援助していきたいものですね!

幼児教育での「五領域

五領域を保育に活かすには?

前回ご紹介した五領域に関して、保育の現場ではどのように活かしていくことができるのでしょうか。

幼児教育での「五領域

幼児教育での「五領域

1.「健康」な生活のために基本的なことを教える

健やかに心と体を育てたい、そのために子どもたちに生活のなかで何をすればいいのかを伝えていきます。外では「たくさん身体をつかって遊びましょう」、「道路に飛び出さないようにしましょう」、外から帰ってきたら「忘れずに手を洗いましょう」、風邪をひいたら「ゆっくり身体を休めましょう」など、健康的で安全に生活するための方法について、子どもたちに具体的に伝えて、イメージしてもらえるようにすることが大切です。

2.「人間関係」は子どもと子どものかかわりから学ばせる

「自立心」や「コミュニケーション力」を育てることは、保育園の中にいる他の子どもたちや保育士はいうまでもなく、周りの人たちと支え合いながら生活していくために必要です。自分のことだけではなく、周りの人たちとのかかわりを学べるように「みんなで遊んだら楽しいよ」、「着替えた後は自分で片づけよう」、「お友達を叩くと、痛いんじゃないかなぁ」、「おもちゃを貸してってお願いできるかな」などと声をかけることが大切です。

3.周りの「環境」に興味をもたせる

数や物の性質などについての感覚を、日常生活のなかで発見したり、一般的な物の考え方として身につけたりします。「氷は冷たいなぁ」、「みんなでお菓子屋さんになってみよう」、「おなじお花なのに、いろいろな色があるよ」、「はさみをどうつかったら切れるだろう」、「イヌくん、何匹いるかな」、「チューリップを育ててみよう」など、身のまわりにあるものから、子どもたちの感性にはたらきかけていくことが大切です。

4.「言葉」をつかったコミュニケーションの大切さを教える

社会で生きていくためには、自分の考えをしっかりと相手に伝え、相手の気持ちをちゃんと聴くことが求められます。「先生のお話、聞いてくれるかな?」、「○○くんは、何をして遊びたいの?」、「今日のお空は、どういう風に見えたの?」、「3匹のこぶたさんは、オオカミをやっつけてから、何したかな?」など、保育士からの問いかけに対する受け答えを子どもたちにさせ、どのような言葉をつかえば相手にしっかりとつたわるのかなど、体験を通して学ばせます。

5.たくさん「表現」して、楽しさを知ってもらう

子どもたちの想像力や感性が豊かになることで、創造性が高まっていきます。砂遊びやねんど遊びをしたり、リズム楽器をつかって音楽遊びをしたりすることはもちろん、保育園の行事で行われる劇や合唱なども、この「表現」のひとつになります。自然にあるものをつかったり、身近な道具をつかって何かをつくり出したりすることで、子どもたちの騒動力が豊かになるでしょう。また、「セミが脱皮した」、「雨が傘に当たる音が、音楽みたい」など、日常のワンシーンからイメージを膨らませることなどによって、子どもたちの感性を育みます。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

まとめ

いかがでしたか?実際に5つ見てみると、たくさんあって大変だなと思う方もいるかもしれません。

次回は、この五領域が簡単に身につく「遊び」をご紹介します。

幼児教育での「五領域

幼児教育のなかにある「五領域」、皆さんはご存知でしょうか?名前だけは耳にしたことがある人は少なくないと思います。けれども、具体的に何を指しているのかについて、知っている方が意外に多くないことでしょう。

今回は、保育士を目指す方であれば、ぜひ知っておきたい「五領域」について、ご紹介します。

幼児教育での「五領域

幼児教育での「五領域

幼児教育でいわれる「五領域」とは?

保育園では幼児教育も行っていますが、そこで必要になる五領域には、どのようなものが含まれているのでしょうか。

小学校に入るまでに「生きる力の基盤」を

小学校に入るまでに身につけておかなければならない、生きるために必要な力の基盤となるのが、五領域です。保育園では、五領域のなかで1つだけを集中的に教育するわけではなく、すべてを総合的に組み合わせながら教育していくことが期待されています。

1.健康:自分で健康な心と体をつくり出す力を育てる

2.人間関係:自立した心を育てて、コミュニケーション力を育てる

3.環境:周りのあらゆる環境に興味をもってかかわる力を育てる

4.言葉:相手の話を聞き、自分の言葉で話せる力を育てる

5.表現:豊かな創造性を養い、考えたことや感じたことを表現する力を育てる

大人から見るとあたりまえのことですが、保育園にはいって社会性などに初めてふれる子どもたちにとっては、これはとっても難しいもの。

また、言葉で説明しても理解しにくいことなので、保育士さんも「どう教えていいのかな?」と悩むことがあるかもしれません。

なぜ五領域が必要なのか?

「そんなのわかってるよ!」という保育士さんもいらっしゃるかと思いますが、人間として生きていくためにはこれらの五領域がとても大切なんです。すべての社会行動の基礎になるのが、この五領域、と言われています。

そんなに大事なのであれば、なぜ家庭でなくて保育園でならうの?という保育士さんもいるかもしれません。

大人や兄弟姉妹しかいない家庭と違って、保育園では、同世代の子どもとたくさん関わることが出来ます。同じようなものを好きな子もいれば、全く違う考え方をもった子もいます。大人の私達でも、「こんな考え方の人いるんだ!」とカルチャーショックを受けることはよくありますよね。

そんなふうに、違う環境で育った子どもたちと一緒に過ごすことで、この五領域の必要性を子どもたちが自然に感じることが出来るようになるんです。

この五領域、子どもたちが将来立派な人間になっていくには欠かせないものですよね。間違うことなく、正しい「生きる力」を身につけるために、保育士が果たす役割はとても重要です。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

まとめ:残り3つは次回!

いかがでしたか?知ってしまえば「あ、うちの保育園でもやってる!」ということばかりかと思います。

次回は、残りの3つについてご紹介します。

音痴の克服は“4つの生活習慣”

音痴を克服したいなら、4つの習慣から!【3・4】

前回は、音痴を克服するために有効な、日常的に意識できる習慣を2つご紹介しました。

意外とできそう・・・・!と思った保育士さんも多いのではないでしょうか?今回は引き続き、残りの2つの習慣についてご紹介いたします。

音痴の克服は“4つの生活習慣”

音痴の克服は“4つの生活習慣”

(3)リズムを感じる

音痴を治しにくくしているのは、音程だけでなく、実はリズム感がないことも原因です。

緊張するあまり、ガチ ガチに直立不動で歌っている人を見かけますが、これでは“楽しいリズム”を身体で取りながら歌うことは難しいでしょう。

「音痴なのを馬鹿にされると恥ずかしい・・・」と思うあまり、リズムまで意識が回らなくなっていく、ということもあると思います。肩の力を抜いて、音楽に合わせて身体をゆらしてみるなどの工夫をしてみましょう。

すべての音楽の基本にはリズムがあ ります。これを感じるために、子どもたちと音楽遊びしているのをイメージしながら、身体でリズムを感じ取れる工夫として、歌うときにはメトロノームを活用 したり、手拍子を打ったりするといいでしょう。

(4)自分の歌を客観的に聴く

自分の歌を録音して客観的に聴くことによっ て、取りにくい音程やリズムのパターンに気付き、自分のどこが音痴なのかを知ることができます。

もし、自分で気付くことが難しければ、保育士養成学校の先 生やもちろん、友人などにも聴いてもらいましょう。また、保育士として現場で活躍している方は、同僚の保育士の方などに客観的に聴いてもらいましょう。恥ずかしいな、と思うかもしれませんが、そのままだとずっと「人前で歌うのははずかしい」という思いをしながら仕事をすることになります。勇気をだして、この機会に改善してみてもいいのかもしれませんんね。

最近は、カラオケボックスなどで自分の歌声を録音できるものもあります。そういった機械をうまく利用して、自分の声を客観的に聞ける環境をつくってみましょう。

自分の歌を客観的に聴くことで、意外と改善に向けてのヒントをつかみやすくなります。さらには、保育園で子どもたちに歌の指導をするときにも、大きな力にな るはずです。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

まとめ

音 痴は、訓練をすることで克服できます。なかでも、「歌う力」を養えなかった運動性音痴の方であれば、想像しているよりも早く克服できるでしょう。また、音 楽と親しむきっかけになり、子どもたちと楽しくコミュニケーションするためのツールになるのが、歌や楽器なのです。多少、音痴だったとしても、楽しそうに 歌っている先生となら、子どもたちも開放的な気持ちで歌うことができます。深刻に悩み過ぎることなく、しっかりと音楽指導を受けたり、毎日の生活のなかに 克服方法を取り入れたりすることによって、苦手意識が強かった歌を少しずつ好きになっていけたらいいですね!

音痴は治せるの?

音痴は治せるの?

音痴に対して、「小さい頃に治せないと治らない」という考え方をしている方が意外に多いのではないでしょうか。けれども、実際にはそのようなことはありません。多少年齢を重ねてからでも、“訓練を積み重ねること”や“理論的に訓練の目的をしっかりと理解しておくこと”によって、音痴は十分に改善できるものといえるでしょう。音痴を改善することで、子どもたちを前にしても堂々と歌うことができるようになったり、遊びのなかにも音楽を取り入れることができるようになったりするのが、ひとつの理想形となります。音痴を悩んでいる方が、これらの改善プログラムで訓練して、音痴を改善できたときには、必ずや保育士としての自信に結びつきます。さらに、音痴を克服していく過程について、自分なりにフォードバックできることが、子どもたちに歌を教えるときに思った以上に役立つことでしょう。

音痴は治せるの?

音痴は治せるの?

音痴に種類や原因はあるの?

先述しましたが、音痴には“音程を取ること”ができるかどうかによって、その種類が分けられます。それでは、音痴にはどのような種類があり、それぞれの原因はどこにあるのか、自分はどのタイプの音痴なのかを見ていきましょう。

運動性音痴

自分が発声している音程が、正しい音程とあっていないことに気付いているケースは、“運動性音痴”といいます。これは、音程を理解すること、それを記憶することは可能なのですが、それを再現する能力に問題を抱えているケースになります。多くの音痴は運動性音痴であり、正しい音程を理解する回路と記憶する回路をつなぐ訓練をすることで、音痴を改善できるといわれています。音痴で悩む人の多くを占めている運動性音痴のケースでは、あくまで音の再現に原因があるため、発声の方法、簡単にいえば歌い方を訓練すると比較的克服するのが早くなるでしょう。

感覚性音痴

自分が発声している音程が正しいのかどうかわからないケースは、“感覚性音痴”と呼ばれていて、音を聴いても理解したり記憶したりできないために、結果としてそれを再現することもできません。耳の機能が原因で音痴になっている感覚性音痴では、耳から入る音程をつかむ感覚を高める訓練によって、改善することができます。ただし、この訓練は訓練を何度も反復する必要があり、かなりの時間がかかることでしょう。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

まとめ

保育士を志す方のなかには、「音痴だから…」と大きな不安を抱えている人も少なくありません。そこで、最近では専門学校などの保育士養成学校では、音痴を悩んでいる学生向けに、手厚い音楽指導を行っているところもあります。もし、音痴に不安を感じているのであれば、手厚い音楽指導を活用する方法も有効です。すでに保育士として現場に立っている先輩たちにも、音楽的な感覚に対して少なからず個人差があります。それでも、子どもたちと一緒に音楽を楽しんだり、楽器遊びを楽しんだりするために必要なスキルは、身に着けられているのです。

保育士の音楽技術を高めたい

音痴を理由に、最初から保育士への夢を諦めてはいませんか?もちろん、子どもたちと一緒に歌を歌ったり、ピアノで伴奏したりと、保育士の仕事には音楽に関するあらゆる要素が含まれています。実際に保育の現場に出ると、日常的に音楽と楽しむ機会があるでしょう。そのため、保育士になるための保育士試験では、音楽が実技試験の科目として実施されているのです。

保育士の音楽技術を高めたい

保育士の音楽技術を高めたい

保育士試験には、知識などを問われる筆記試験に加えて、実技試験もあります。それには、「音楽表現に関する技術」、「造形表現に関する技術」、「言語表現に関する技術」の3科目があります。受験する方は、実技試験が実施される3科目から、好きな2科目を選択して、受験することになります。

このことから気付いた方もいると思いますが、保育現場で必須になるのが「音楽」です。子どもたちにとっても、やはり「音楽」は欠かせない存在だといえるでしょう。歌を歌ったり、楽器に触れて遊んだりしながら、保育現場では子どもたちと保育士のかかわりを深めます。「音楽」は、子どもたちの気持ちを表現する多様な方法として、さらにコミュニケーションをとるうえで重要な手段として考えられているのです。

音痴を改善できるプログラムはあるの?

保育現場のなかで音楽といえば、“歌”を歌う機会が多いのではないでしょうか。きっと皆さんも自分が幼少期の頃の様子を思い返すことでイメージを持ちやすいと思います。実際に保育現場では、季節に関する歌をはじめ、朝や帰りに歌を取り入れるなど、あらゆる場面で歌を歌っています。

それを考えると、克服するのが多少難しいと思われる問題に、“音痴”を挙げる方も意外と多いのではないでしょうか。実は、音痴には2種類あるのをご存知でしょうか。「聴いた音程と自分の発する音程がズレていることを自覚している音痴」と「していない音痴」です。音痴を自覚しているケースであれがば、練習を重ねることで改善するといわれています。一方で、自覚していないケースでは、改善するためのかなりの時間や練習が必要になるともいわれています。保育士試験に合格して、晴れて保育士として保育現場で活躍するために、さらには子どもたちと楽しく音楽で遊ぶためにも、音痴を放置しておくことができないでしょう。

とはいえ、音痴だからといって、保育士として子どもたちに接することができないというわけではありません。「音痴だしなぁ…」とショックを受けている方も、そこまで不安がらないでください。最近では、保育士養成学校や音楽教室のなかには、音痴の方のために“音痴改善プログラム”を実施しているところもあるようです。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

まとめ

いかがでしたか?次回は「音痴って直すことが出来るの?」ということについてご紹介いたします。

今音痴で悩んでいる保育士さんはぜひご覧くださいね。

口コミで話題の保育のコツやおすすめ情報

はじめに

こんにちは。このブログを見ていただいているかたは、現役の保育士さんも多いと思います。(今日もお仕事お疲れ様でした!)

「現役保育士の口コミ・おすすめ情報」と名付けたこちらのブログですが、今日からちょこっとずつ、更新していこうと思います。

口コミで話題の保育のコツやおすすめ情報

口コミで話題の保育のコツやおすすめ情報

このブログに書くこと

このブログには、

  • 最近口コミで話題の、保育士さんにおすすめのグッズ
  • 先輩から聞いた、保育のコツ
  • 保護者の方からきいた面白い話
  • つい笑ってしまった保育士あるある(中には笑えない話もあるかも・・・)

というような、保育士さんであれば「あ~あるある!」とうなずいてしまう話題や、明日からの保育がちょっと便利になるようなコツを書いていければと思います。

何年たっても、「どうしよう!」ということが起こるのが保育士。子どもたちを相手にしているので、予測できないことや教科書どおりにいかないことばっかりです。

みんなで知恵を寄せ集めて、よりよい保育ができるようになるといいなと思います。

筆者

茨城県水戸市に住んでいます。(納豆が有名な水戸市です!)

私も現在、保育士として保育園で働いています。現役保育士です!保育園・幼稚園で働く人あつまれー!

おわりに

最近、保育士でない方に自己紹介をすると「え、保育士!お給料も安いし、お休みもほとんどないし、大変なんでしょ?」と言われます。笑

たしかに間違ってはないんです。

でも、きついこと以上に、楽しいことややりがいがあることも多いんですよ(`・ω・´)むはー

きつい面を知っていただいて、待遇改善をしていただけるのは、本当にほんとーーーに助かります。とってもありがたいことです。でも、ちょっとだけ、保育士の苦しい面だけでなく、素敵な面も広まるといいな、と思います。

毎日頑張っている仲間の保育士さんたちの息抜きになるように、ぜひ楽しんでみていただけたら嬉しいです。

一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします!